【不動産会社での仕事で役立つ! 】かもしれない資格を5つ選んでみました。

不動産の資格 不動産系資格

 

icon-pencil 資格を探すならココ!


ユーキャン、ヒューマンアカデミー、TACなど90以上の講座から比較して選べます。

まず動かないと変わらない!
  資格を探してみる。

「不動産会社で働くには、どんな資格を持っていればいい?」

不動産関係の仕事につきたいと考えている人の中には、働いていくのに役に立つ資格とかが気になっている人も多いんじゃないでしょうか。

ここでは不動産会社での仕事内容を大まかに説明すると共に、取得していると役立つ資格についてみていきます。

 

icon-hand-o-right「まず役立つ資格を知りたい!」という人はココをクリック!
(「不動産会社の仕事に役立つ資格」まで移動します)

 




「不動産会社での仕事内容は?」についての簡単な説明

まずは、不動産会社でどんな仕事をするかについて書いてみます。

といっても、色んなサイトでとても詳しく解説されているので、ココでは、あまり知らない人に向けてできるだけ簡単に分かりやすく、そして大まかに説明してみます。

もっと詳しく知りたい人は、「不動産会社 仕事」とかで検索してみてください。いくらでも見つかります。

 

不動産会社の種類はいろいろ

実は不動産会社といっても、会社によって行っている仕事は結構違うんです。

不動産を仲介する

家やマンションを売りたい人が買いたい人を探すのは大変です。同じように貸したい人が借りたい人を直接探すのも。

そんな不動産を売りたい人と買いたい人、貸したい人と借りたい人を繋ぐために仲介する仕事です。

一般的に不動産会社の仕事でイメージするのはこの部分じゃないでしょうか。

不動産を販売する

戸建ての住宅や分譲マンション、あるいは商業施設なども含めて不動産を開発して販売します。

デベロッパーと呼ばれる大手の不動産会社が行ってる印象ですが。

不動産を賃貸する

家やマンション、ビルなどの不動産を所有して、個人や企業に住居、店舗、事務職などとして賃貸するのも不動産会社の仕事になります。

不動産を管理する

あまり馴染みがないかもしれませんが、マンションやビルのテナント、商業スペースなどの管理をしている不動産会社もあります。

 

このように不動産会社といっても様々な業態があり、どれかに特化した会社もあれば、複合的に行ってる会社もあります。

不動産会社での仕事もいろいろ

上にあげたように、不動産会社の種類自体がいろいろあるので、仕事の種類もいろいろ。

一般的には店舗に来店されたお客さんに対して、希望の部屋や家を案内して契約してもらう、といったイメージかもしれません。

不動産の仲介をメインに行い、その手数料で仕事をしている会社で働いてる人です。

 

しかし、戸建住宅やマンションの開発を行うための仕事をしている人もいれば、不動産管理会社で入居者や会社、あるいは家主(オーナー)との対応を行ったり、空室を埋めるための仕事を行ったり、といった仕事内容も。

同じ不動産業界で働くにしても、勤める会社が行っている業務に応じて仕事の内容も変わってきます。

不動産会社での仕事に資格は必要?

では不動産会社として働くのに必要な資格というのはあるのでしょうか。

不動産会社で働くという事でいうと、実は誰もが必ず取得しないとダメな必須の資格というのはありません

というか、資格がなくても不動産会社で働くのは可能、といった方がいいでしょうか。

 

ただし働くのは可能ですが、不動産会社では従事者の5人に1人は持ってないとダメ、といった資格もあるので、取得してると役に立つ資格をいくつかみていきます。

不動産会社の仕事に役立つ資格はコレ!

宅地建物取引士

宅地建物取引士
画像引用:宅地建物取引士試験 公式ページ

 

一般財団法人不動産適正取引推進機構が行っている、国土交通相によって認定された国家資格です。

不動産会社で働くのに必須の資格ではないんですが、上に書いた不動産会社の従事者5人に1人は持っている必要がある資格です。

また賃貸借契約や売買契約の時には、必ずお客さんに重要事項を説明しないといけないんですが、この資格を持っていないとこの重要事項説明が行えません。

これらの理由で就職前に取得していると有利になるし、就職後に取得させるれる場合が多い不動産会社で働くには最重要な資格といえるんじゃないでしょうか。

 

   宅地建物取引士の詳しい内容は

【宅地建物取引士】の資格って役立つ?使える仕事や試験の内容など!

をどうぞ。

不動産鑑定士

不動産鑑定士
画像引用:日本不動産鑑定士協会連合会 ホームページ

 

国土交通省によって認定される国家資格です。

土地や建物など不動産の経済価値を決める「不動産鑑定評価」は不動産鑑定士しかできない独占業務となります。

 

不動産関係で最難関の資格となり難易度も高いんですが、取得することで不動産の活用方法などに関するコンサルティングも行えるので、仕事の幅が広がり転職や独立にも有利に。

 

   不動産鑑定士の詳しい内容は

【不動産鑑定士】の資格って役立つ?使える仕事や試験の内容など!

をどうぞ。

土地家屋調査士

土地家屋調査士
画像引用:日本土地家屋調査士会連合会 ホームページ

 

法務省によって認定される国家資格です。

不動産の登記に関するスペシャリストで、土地や建物を調査して、登記書類の作成代行や申請を行います。

 

不動産関係の会社で登記ができるという資格が必要かどうかは、働く職場や業務によりますが(仲介の営業などでは必要ないでしょう)、資格取得によって得られる知識というのは、仕事で間違いなく役に立ちます。

 

   土地家屋調査士の詳しい内容は

【土地家屋調査士】の資格って役立つ?使える仕事や試験の内容など!

をどうぞ。

管理業務主任者

管理業務主任者
画像引用:マンション管理業協会 公式ページ

 

国土交通省の後援を受けている国家資格

管理業務主任者とは、マンションの管理組合によってマンションの管理を依頼された管理会社が、住民や管理組合に重要事項の説明や管理報告などを行うのに必要な資格です。

 

マンション管理会社は管理組合の数に対して決められた人数の管理業務主任者を配置しないといけないので、不動産会社でもマンション管理などを主にやっている場合には、特に役立つ資格といえます。

 

   管理業務主任者の詳しい内容は

【管理業務主任者】の資格って役立つ?使える仕事や試験の内容など!

をどうぞ。

マンション管理士

マンション管理士
画像引用:マンション管理業協会 公式ページ

 

国土交通省によって認定される国家資格です。

マンション管理士とは、マンションの管理組合に対して運営の相談や、維持、改修などのコンサルティングを行うのに必要な資格といえます。

やはり管理会社で働く場合に特に役立つ資格といえそうです。

 

   マンション管理士の詳しい内容は

マンション管理センター 公式ページ

をどうぞ。

 


通信講座を探すなら!

一括資料請求はもちろん、ユーキャンやヒューマンアカデミーなど90以上の講座を比較できる、

『BrushUP(ブラッシュアップ)学び』

通学講座も探せて、資料請求はもちろん無料!

Brush UP学びで資格を探す!

※ 資格を探すときにちょっと分かりにくいかもしれないので、資料請求の方法をまとめました。

「ブラッシュアップ学び」で通信講座の資料請求を行う方法と、このサイトの評判が高い理由。

 

通信講座についてはコチラの記事もどうぞ!

【資格の通信講座】おすすめをまとめました!
「通信講座で資格を目指したいんだけど、いったいどこで探せばいいんだろう?」 資格取得のために通信講座を利用しようとして、どの講座がいいのかで迷ったりしていませんか? ここでは、通信講座(オンライン講座も含め)やスクール(通学講座)にはど...
タイトルとURLをコピーしました